サービス Service




理論に基づいた確かなデザイン

web制作株式会社には、WEB サイトを成功へと導くデザイン黄金比があります

人が視覚的に安定感や美しさを感知する比率を黄金比(Golden ratio)といいます。例えば長方形などは、横と縦の関係がこの黄金比になる際、最も安定した美感を与えます。

当社のWEBデザイン業務は、貴社のイメージに即したWEBデザイン、さらに結果を導き出すため、デザインを制作するための3つのWEB黄金比のポイントがあります。 これは長年にわたりWEBの分析を続けてきた当社だからこそ、膨大な分析データを元に生み出すことができたオリジナルの黄金比です。

デザイン黄金比

WEBデザイン制作における3つの黄金比

1.サイトの目標達成にユーザを導く導線設計

意外と知られていないのが、サイトの離脱率についてです。ページにアクセスするユーザは必ずインデックスページから訪れるわけではありません。夥しい情報の中、折角、貴社サイトにアクセスしてもアクセス数を伸ばすだけの結果に終わってしまっては意味がありません。ここでサイトが目標とする達成率を上げる導線設計が重要となります。

例えばレストラン等で聞く「お飲み物はご一緒にいかがでしょうか?」これと同じことをホームページ内で実施することを導線設計といいます。多くのユーザは必要とする情報や検索ワードをきっかけとし、サイトを訪問します。開いたページ内に求める情報を羅列するだけで、すぐにブラウザを閉じられてしまうようなサイトは接客しないレストランと同じなのです。サイトの離脱率を下げるためには貴社がユーザにアピールしたい情報を的確な位置に掲載する必要があります。

当社では、貴社が目標とする結果を導き出す導線設計技術があります。徹底的に分析したアクセスデータを元に、ユーザに接客できるサイトデザインにリニューアルしましょう。

web制作株式会社独自の導線設計

2.的確にブランドのイメージを表現する色彩

カラーセラピー等に用いられるように、色にも"想いを伝える力"があります。web制作において重要な意味を持つのがサイトカラーです。貴社のブランドのイメージを伝達する色はもちろん、使用したいカラーを迷われている場合も、ユーザーにアピールしたいメッセージから、最適な色を選定いたします。

ブランドイメージを的確に伝える色彩

3.データに裏付けられた、求心力の高い情報アーキテクチャ

当社は見た目がよければ良いというWEBデザインは制作しません。「ユーザーに分かりやすく情報を伝達する」「求めている情報へよりスピーディーに導く」ための表現技術を情報アーキテクチャといいます。ヒートマップ等などのWEB分析結果から導き出した向心力の高い情報アーキテクチャ。

どこにどんな情報・ボタンなどの要素を配置すれば見やすいのか、ユーザーがアクションを起こす確率を引き上げられるのか、動向の違いをセグメント毎に徹底追求していきます。

解析結果サンプル

制作実績

Pagetop